引っ越し見積もりの比較でおすすめなのは?引越し料金を安くする方法を様々な側面から考えてみました!

 

引っ越し見積もりの比較のおすすめとして、引っ越し業者には、CMでよく見るような大手の業者、地域密着型の中小の業者、単身向けや近距離向けの赤帽までありますが、安くて良心的なサービスをしてくれる業者を選ぶには、価格やサービス内容で総合的に判断する必要があります。引っ越し料金は、時期や曜日、時間帯、荷物の量、コース、新居までの距離などによっても変わりますから、まずは自分のニーズに合ったサービスを提供してくれるかどうかで、業者を探しても良いかもしれません。

 

大手の引っ越し業者は近距離と遠距離のどちらも対応しますし、コースやパック、オプションの種類も豊富です。特殊な状況にも対応出来ますし、社員教育も行き届き作業の質も高いですが、それだけに料金も割高になりがちです、どうしても大手に頼みたければ複数の業者から見積もりをとり、ライバル社の情報を流し値引き競争をしてもらって料金を下げるという手もあります。その一方、中小の引っ越し業者は大手ほど広告費をかけませんし、余分なサービスもつけず、そのときどきで柔軟に対応してくれます。作業もスピーディで料金の比較的安く設定されていますが、オプションが少なく、地域密着型の業者が多いので、遠距離には対応していない所もあります。1番安いのは赤帽ですがファミリーで遠距離で荷物が多い引っ越しなどには向いていないので、利用出来る人はかなり限られてしまいます。

 

今はweb・インターネットにて無料の一括見積もりサイトで、移動距離やオプション、人件費などを基準に安い引っ越し業者を簡単に検索して探すことも出来ます。検索すれば必ず複数の業者がリストアップされますから、比較しながら自分に合った安くてサービス内容の充実した業者を選ぶことが可能です。業者によって、ファミリーか単身か、シニアか若いか転勤族か女性か、長距離か短距離か、不便な所にも行くか、オフィスの引っ越しをやるか等々得意な分野がありますから、それらとの兼ね合いで尚且つ安い業者を探す必要があります。上記にも書いたように大手の引っ越し業者に安くしてもらうには、営業マンとの駆け引きが必要なこともありますから、彼らの押しに負けないよう、自分の希望を絶対通してやろうという強い意志で交渉に臨みましょう。

まずは引っ越し料金の最安値をチェック!

引っ越し料金を安くする方法!

引越しは手間と時間のかかる作業ですが、出来ることなら安く済ませたいものです。そこでここでは、引越し料金を安くする方法を様々な側面から考えていきたいと思います。

引越し日について

まず最初は引越し日についてです。急な引越しでなく、自由に日程を決められる場合は、料金が安くなる時期を見計らって引越しをしましょう。引越しシーズンのピークは、大学の新入生や新入社員が引越しをする3月から4月にかけてと、転勤の多い9月〜10月だと言われており、それに従って料金も高くなります。しかしピークが過ぎた5月から夏にかけては、依頼が少なくなるため、引越し料金は安くなるのです。6月頃までの間なら、繁忙期の半額にすることも可能だそうです。

賃貸への引っ越し&賃貸からの引っ越しの場合

また賃貸の場合は、家賃の支払の関係で月末に越す人が多いため、月を問わず上旬・中旬の方が安くなります。そして持ち家か賃貸かを問わず、引越しの依頼は土曜日に集中しますから、1年を通して平日か日曜の午後が狙い目であると言われています。それから六曜では仏滅の日の引越しを避ける人が多いので、この日に引越すと安い費用で済むかもしれません。安く引越しの出来そうな日をまとめますと、1・2・5・6・7・8・11・12月の上旬〜中旬、1年を通して平日か仏滅ということが言えます。

引っ越しの時間帯について

次は時間帯についてです。時間帯では遠距離の引っ越し以外では、午前中に越して午後新居に着いて荷解きをしたいという人が多いですから、依頼が少なくなる午後の便の方が引越しの料金は安くなると言われています。更に融通が利く人は、午後何時にトラックが来るかわからないフリー便や、コンテナ便・混載便等にすれば、料金をもっと安くすることが出来ます。

引っ越しプランについて

次は業者毎に設定している引っ越しプランについてです。この引っ越しプランは全てお任せのプランにしますと、当然料金は高くなります。搬入や搬出だけを業者に頼み、荷造りや荷解きは自分たちでやるようにすれば、料金は安くなります。またドライバーだけを頼んで、運搬以外は全て自分たちで行えば、更に安い料金になります。こうしたプランは赤帽に多いものです。

引っ越し業者について

次は引っ越し業者についてです。業者は大手ですと近距離・遠距離いずれにも対応し、コース・パック・オプションの種類も豊富ですし、特殊車両をもっていたり、スタッフが高い技術を持っていたりしますが、その分料金は高くなってしまいます。一方中小の業者ですと広告費用をかけず、サービスやオプションの種類こそ少ないですが、不測の事態が起きても柔軟に対応してくれますし、大手より技術力は落ちますが安い料金でやってくれます。但し、赤帽のように個人で営業しているような場合は、スタッフに当たり外れがあるのも事実ですので、それは承知しておく必要があります。近距離や単身者の引っ越しに向いていると言えるでしょう。

安い引っ越し業者の見つけ方

次は安い引っ越し業者の見つけ方です。同じ引っ越し条件で、より料金の安い業者を見つけるには、無料の引っ越し一括見積もりサイトで複数の業者から見積もりをとり、より安い料金を提示してきた数社に訪問見積もりを依頼してみましょう。引っ越しに慣れている人ですと、ここで各々の業者と値引き交渉をしながら、業者間で値引き競争をさせ、料金を下げさせることが出来ます。訪問見積もりを依頼する前に、総額の料金・料金の支払日と方法・引越す日と時間・トラックの大きさと台数・スタッフの人数・作業内容・オプション料金や追加料金が発生する場合等、チェックしておくと、より思い通りの料金で業者に依頼することが出来るでしょう。

 

まずは引っ越し料金の最安値をチェック!

 

値引き交渉については、近年では業者側も値引きを求めてくることを見越して、高めに料金を言ってくることが多いので、必ず複数の業者と交渉していることを利用して、上手く交渉を進めることが肝心です。また黙って引越しを依頼すると、梱包資材を用意され、その分の価格も上乗せされてしまいますから、梱包資材は自分たちで用意する方がお得になります。

 

正しい引っ越し業者の選び方とは?

 

引っ越しは人生の中で単に住む場所を変えるというに止まらず、仕事や学校や生き方を変えるための橋渡しの役割を果たす、大切なイベントの1つであると言えると思います。場合によっては結婚したり離婚したり何らかの形で住む相手が変わったり、病気になったり嫌なことがあったりという重大な局面である場合もあります。ですから、そこでお世話になる引っ越し業者をどこにするかは、後腐れのないように慎重に考えたいものです。

 

しかし引っ越し業者は大手から個人経営の会社まで沢山ありますから、ただ漠然と探していても埒があきません。そこで大切なのは、まず自分が何を基準にして業者を選ぶかをはっきりさせることです。値段にこだわるかサービスにこだわるか、値段にこだわるならサービスの質には目をつぶれるのか、サービスにこだわるなら値段が高くてもいいのか、事前に決めておくことが肝心です。

 

とは言え、多くの人は値段に見合ったサービスを受けられる、不公平感のない適正な引っ越しを望んでいるはずです。引っ越し業者の世界には適正な相場があるはずですから、まずそれを知る必要がありますが、業者の広告だけでは料金がどうやって算出されたのか、作業内容はどうなっているのかわかりません。引っ越し料金はサービスに応じて算出されているわけですが、相場より高すぎても安すぎてもおかしいので、大手や中小の引っ越し業者なら会社のホームページをみてチェックするか、なければ担当の方に詳しく聞いて納得した上で業者を決めなくてはなりません。

引っ越し料金は荷物の質や規模や条件によってもかわります!

引っ越し料金は荷物の質や規模や条件によってもかわりますが、相場をにらみつつ、料金とサービスのバランスのいい引っ越し業者を選ぶようにしましょう。今はwebに無料の一括見積もりサイトというものありますから、大手の引っ越し業者から選ぶなら手間暇をかけずに調べることが出来ます。地元の中小の業者や赤帽などに頼む場合は直接電話して見積もりにきてもらう必要がありますが、それでも30分から1時間あれば終わると思います。

 

具体的には安くても優秀な業者、高くてもそれに見合ったサービスをしてくれる業者、相場より安くても良質なサービスをしてくれる業者、口コミでも平均して評判のいい業者などを選ぶことが、気持ちよく引っ越しをするための1番の近道なのではないでしょうか。

では良い引っ越し業者とは?

引っ越しを気持ちよく終わらせるには、安心して任せられる良質な引っ越し業者を選ぶ必要があります。ネームバリュー、作業の質、料金、プランなど何を最優先にして選ぶかにもよりますが、良心的な料金で丁寧に作業をしてくれる業者を選びたいものです。料金やサービス内容は営業マンや担当者と話し合いをする中で追々わかることですが、肝心の作業員の質や仕事ぶりは引っ越し当日にならないと実際にはわかりません。例え料金や営業マンの態度が良くても、作業員の態度が悪かったら何にもなりません。

 

しかし、引っ越し見積もりを頼むために電話する段階で、それを見極めることはポイントさえ抑えれば可能なのです。これは他の業界の会社でも同じことだと思いますが、窓口の電話対応に始まり、担当者への引き継ぎやこちらの話を聞く態度、出向いてきた社員がテキパキと仕事を進めてくれるかまで含めて、会社全体の対応が丁寧できちんとしているかどうかという点です。これらがきちんとしていれば、会社の社員教育が行き届いているということなので、当日の作業員の質もおのずからわかるというものです。最初に電話をかけた時点で頼りないとかモタモタしている、或いは感じが悪いと思ったらその会社に頼むのはやめた方がいいと思います。ちょとぐらい不満があっても、料金が安いからいいやとは決して妥協しないことです。
引っ越しは利用者と業者という人と人との信頼関係によって始めて成り立つものですから、信頼しきれない業者に頼む必要は全くありません。料金か人としての対応の善し悪しかで悩んだら、人としての対応で選ぶようにしてください。

 

そして正規の引っ越し業者の車は国交省の認可を受け、黒か緑のナンバーをつけているはずです。白いナンバープレートをつけていたら必ず確認してください。正規の業者ではない可能性があります。あやふやな返事をするようであれば、その業者は断りましょう。それから見積書が正しい書式できちんと具体的に書かれ、それに基づいて丁寧に説明してくれるかどうかも、引っ越し業者の質を見極める大切なポイントになると思います。

良くない引っ越し業者とは!?

引っ越しは新生活のスタートでもあり大事なセレモニーとも言えますから、質の悪い引っ越し業者に頼んで気分を害するのだけは避けたいものです。料金の割にサービスが良くなかったり、作業員の態度や感じが悪く作業の質も今イチでは、せっかく新居に越したのに嫌な気分を引きずることになってしまいます。仕事の都合などで引っ越しが多い人は、それがトラウマになってしまうかもしれません。もちろん1度嫌な思いをすれば次の引っ越しでは教訓にして、いい業者を選べるかもしれませんが、出来れば嫌な思いはしたくないのが人情というものです。

 

業者の質がまずわかるのは、最初に電話をかけたときです。その際受付をした社員の対応や担当者への引き継ぎ、担当者の対応ぶりや話を聞く態度、その後の仕事の進め方が丁寧且つ迅速であるかなどで、会社全体での利用者への対応のレベルがわかります。それで会社の社員教育が徹底しているかどうかがわかり、作業員の質も推察することが出来るはずです。その一連の流れがもたついていたり感じが良くないと感じたりしたら、その業者に頼むのは止めた方がいいと思います。

 

もう1つは見積書の内容です。見積書は決まった書式に沿って、具体的に事細かに詳しく書かれているのが普通で、ちゃんとした引っ越し業者なら、それに基づいて
きちんと説明をしてくれるはずです。見積書にざっくりした抽象的な内容しか書かれていない、きちんと説明してくれない引っ越し業者などは、悪質な業者である可能性もありますから、その時点で断るようにしましょう。そうしないと当日になって勝手にオプションを追加されたり、サービスや作業員の人数を勝手に増やされて、法外な料金を請求されかねませんから十分注意しましょう。

現在の引っ越し業界の現状は・・・

現在の引っ越し業界では、事前に手付金や予約金は要求出来ない決まりになっているので、もし要求されても必ず断るようにしてください。しつこく要求してくるようでも、法律ですと言ってキッパリ断りましょう。要求してきた時点でその引っ越し業者の違法性は明らかです。また契約書をサインする際には、する前に別途費用云々と書かれていないか必ず確認し、もし書いてあったら何の費用なのか確認するようにしましょう。曖昧なままでサインをして痛い目に遭ってからでは遅いのです。出来れば「見積書以外の金銭の発生は一切ないと」一筆書いてもらうと良いと思います。変な下心がなければ書いてくれるはずです。
大手の引っ越し業者ですと全国各地に支店や営業所がありますが、その支店や営業所の代表者によって教育やサービスの質は辞少しづつ違うと言われています。よく口コミでどこが良かった悪かったという話が載っていますが、それは頼んだ支店や営業所の質が悪かったということが多いそうです。しばらく前にあった某大手業者の件もそれに該当します。ですから、ある引っ越し業者が悪く言われていたからと言って、その業者全体に問題があると考える必要はないと思います。

 

引っ越し見積もり比較おすすめ情報!

かつてユニークなCMで地方から全国区に進出したサカイ引越センター(以下サカイと略します)も、今やすっかり大手企業の貫禄を備えた引越会社になりましたが、このサカイで引越を利用すると、どんなメリットがあるのでしょうか。ここではそれに加えて、お得なサービスによって受けられるメリットについても、お話していきたいと思います。サカイの引っ越しは、まず他社よりしっかり動いてくれて、しっかり仕事をしてもらえることがメリットであると思います。作業スピードも速く、家具を傷めない工夫もきちんとやってくれます。但し一部の利用者からは、作業スタッフによって個人差があるという意見も出ていますので、見積もりをしてもらう際に...
元プロボクサーの芸能人のCMでも御馴染みのアリさんマークの引越社は、色々な評判もある会社ですが引っ越しに利用すると、どんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、アリさんマークの引越社のメリットや、お得なサービスについてお話していきたいと思います。以下「アリさんマーク」と略します。アリさんマークの引越社のメリットは、何と言っても他社より安い料金で引っ越しが出来るということです。引っ越しに際して費用負担が抑えられるというのは、非常に大切なことです。更に無料サイトの一見積もりサイトを利用すれば、他社との比較になるので、更に料金を安く出来る可能性があります。またアリさんマークでは、全ての作業の確認を徹...
2018/11/09 20:35:09 |
3月の引越し料金の最安値をチェック!3月は1年の内で1番引越しの多い時期だと言われています。何故かと言いますと家の建て替えや住み替え、進学・就職・転勤などが、年度末である3月に集中するからなのです。引越し業者は、営業努力をしなくても引越しの依頼が来るので、料金を安くしようとは考えず、必然的に料金は高くなってしまいます。業者によっては、3倍近いボッタクリ料金を言ってくる業者もありますから、注意が必要です。では3月に安い料金で引越しをするのは難しいのか、と言うと決してそのようなことはありません。工夫次第で料金を安くする手段はあるのです。ただCMで見るような大手の業者1社に見積もりを依頼しても、業者...
2018/11/09 20:35:09 |
まずは引越し料金の最安値をチェック!引越しの需要は1年中ありますが、中でも1番引越しの多い時期となりますと、3月〜4月特に3月中がピークであると言われており、料金も他の時期よりは高い傾向にあります。また会社の転勤が多くなる9月が、春の時期の次に多いとのことです。3月〜4月にかけて引越しが多いのは、新社会人や大学の新入生の引越し依頼が多いためで、会社の転勤の多い9月は転勤族である独身者やファミリーの引越が多くなるのだそうです。また年間を通して週末の午前中に引越し依頼が集中することが多く、逆に春のピークの前の2月や、5月から8月頃までは、比較的空いているということです。但し7月は夏休みが始まる時期...
2018/11/09 20:35:09 |
引越し料金の相場を簡単に知るには!引越しをするとなると、まず気になるのが料金ですが、その相場を簡単に知る方法はあるのでしょうか。引越し料金は通常は訪問見積もりをしてもらって、荷物の大きさや量、引越し先までの距離等から総合的に判断して決められますが、それでは、複数の業者から見積もりをもらうには、時間がかかりすぎてしまいます。そこでお役に立つのが、ネット上にある無料の一括見積もりサイトです。これなら自宅にいてパソコンが1台あれば、簡単な入力だけで複数の業者の見積もりを、瞬時に知ることが出来ます。年中24時間いつでも申し込めますから、忙しい現代人には、とてもありがたいシステムです。時間も手間もかから...